1回戦 ジェスカイトークン(世界選手権の奴) 0-2
割と良ハンドでキープして、後攻2ターン目に思考囲い
相手場がトライランド鍛冶場 道の探究者
でハンドが青赤占術・急報・ジェスカイの隆盛・稲妻の一撃・チャンドラ
で少し悩んで急報を落とす(手札に完全なる終わりがあった為)そして土地置いてターン終了

返しフェッチから島でジェスカイの隆盛張ってからアタック
こちらタップインランドしかなくおいてエンド、その返しで熟練扇動者キャストから次ターン掻き立てる炎も引かれて負け

2戦目、トークンを憤怒で流しながら相手の軍属童、返し熟練扇動者キャストでトークン通す、熟練扇動者を掻き立てる炎で焼かれるもトークンのアタック通してロック、次ターンで掻き立てる炎でロック落ちる。
相手チャンドラキャストエンド、こちらトークンアタックから再びロックキャスト
次ターンチャンドラ0起動で掻き立てる炎・・・
そのまま盤面じりじり捲られてから敗北

2回戦 グリクシスコン 2-0
囲いで除去抜いてからブリマーズで殴り続けて勝ち
扇動者からソリンサルカンの淀みない動きで勝ち

3回戦 RWトークン 0-2
思考囲いから終盤まで盤面もゲーム進行もペース握るも、終盤土地と立て続けに引いてる間にサルカンペスパーフォロスの槌で負け
2戦目も似たような流れ

今回単純に前勝っていたからマルドゥでいいやっていう何も考えていない、ただ前回の成功から今回も先行するという甘い思考でデッキ選択をした結果が招いたものだと思ってます。
1回戦の流れも書き出していると良い感じで進められそうな気がしたんですが、実際当たる可能性がある想定でデッキを構築しているなら思考囲いの選択も違ったので惜しかった。というよりは単純に甘えが出たような印象を個人的に受けました

もっと練習しよう…
それではー